2018年1月17日水曜日

「マジカルガール」表社会と裏社会

『マジカル・ガール』は、2014年のスペインのサスペンス映画。

日本の魔法少女アニメにあこがれる白血病の少女。
その少女の夢を叶えようと金策する父。
そのなかでバルバラという女性に出会い物語は悲劇へと向かう。


病気の娘、頑張る父、マジック、など子どもと一緒に見れるハートフル映画と思いきや、とんでもないある意味ハードコアな作品だった。
表社会と裏社会のコラボ。
まさにシアター系でアメリカ映画のようなわかりやすい説明がない。
何でそうなった?という疑問に答えはなく、想像するしかない。
彼女の無数の傷、トカゲの部屋。。。

このバルバラさんのような女性は普通に生きてたら会わない。
私はAVに出てる女性と話したことがないし、風俗の女性ともそこでしか会ったことがない。(私に教えてないだけで会っていた可能性は多々あるが)
でも確実にいるよね。さらに想像以上に多く。
アンダーグラウンドな世界への入り口は確かにいっぱいある。
昼の仕事の人たちからすれば私のお店もその一端だろう。
自分が納得して幸せならいいと思うが、抜け出したいと思ってるのにその世界にいる人はかわいそうだと思うよね。

そしてこの父親がまた、この前書いた「自分の家族至上主義」ですわ。
気持ちはわかるが、それが悲劇の始まりなんだよね~。
自分の家族至上主義」=わがまま


マジカル・ガール [Blu-ray]
ホセ・サクリスタン
バップ
2016-10-05



★★★レッドスクウェア  Red Square★★★

東京都墨田区江東橋3-5-1 ザ・バレル立田ビル101
Tel&Fax: 03-6666-9474  
Mail: reds1444@gmail.com

<公式サイト>
Google Map   Google HP facebook Blogger  Twitter

0 件のコメント:

コメントを投稿

よく読まれてます