2018年4月12日木曜日

海外ドラマ「THIS IS US」これは良作だ!

はじめてドラマを紹介します。
本来、私はドラマのほうが映画よりも好きです。
映画はCGも含めた映像美や迫力、音楽、あとは有名な俳優の演技などをしっかりと見聞きし、楽しむもの。
ドラマは綿密な人間ドラマ、物語を楽しむもの。

私は映像の凄さよりもストーリーが大切。
長ければ長いほど奥深い人間関係が描かれ、登場人物の感情がより繊細に伝わってくる。

ゲーム・オブ・スローンズ」は映像も映画レベルで凄いのだが、やはりストーリーが素晴らしいと思う。映像化が決まった当初は映画化予定だったらしいが、2時間や3時間だと、ただの歴史アクション・ファンタジー映画になっていてたのではないだろうか。
ドラマで本当に良かったと思う。


ウォーキング デッド」も映画となればただのゾンビ映画。長い人間ドラマがあるからこそ、ここまで人気が出ている。ゾンビが徘徊する世界はただの舞台背景であって、物語にはならない。宇宙なのか、西部劇なのか、警察官の話なのか、と同じようにゾンビワールドはあくまでフィールド設定だ。
ゾンビ世界で人間がどう生きていくかの物語。


前置きが長くなったが、今回紹介したいドラマは「THIS IS US」。


まず、第1話が素晴らしかった。
複線を巻き散らかし、全く関係がない人たちの話と思わせながら、しっかりと収束した。
「バレンタインデー」(原題: Valentine's Day)「Crush」などラストに交わる群像劇は色々あるが、この1話はそれらにはない新しさを感じた。

その新しさとはこうだ。
通常の群像劇は"いくつかの場所"で起こってる物語がだんだんと近づいていき、最後に一つになり種明かしが行われる。
このドラマは、いくつかの場所に、"違う時代の場所"が入っている。
第1話ではそれが違う時代だとわからないので、後でなるほど~と感心させられることになる。


また、このドラマは5人家族の物語なので、同じく5人家族の私は共感するところが多く、余計に気に入ってるのだと思う。

このような良質のドラマに出会うと、終わらないでほしいという感情が出てくる。
とにかく長く彼たち彼女たちの物語を見ていたいと切に願ってしまう。
シーズン10ぐらいまでやってほしいね。

因みに脇役でスローンという劇作家を演じている女の子がかわいい。
このドラマを紹介しているブログで彼女が可愛くなくて残念、と書いてる人がいた。
僕にはメッチャ可愛いのだが。やはり人には好みがあるね~

このドラマの写真↑

通常の写真↓



ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌 ブルーレイ コンプリート・ボックス (初回限定生産/6枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-12-16)
売り上げランキング: 2,633
Amazon.co.jpで詳細を見る


0 件のコメント:

コメントを投稿

よく読まれてます